top of page
  • Writer's pictureYuko Igarashi (五十嵐夕子)

胎内記憶を世界へ発信

Updated: Jun 24, 2018

2017年7月に「こどもはママのちっちゃな神さま」の著者であり親子セラピストの長南華香先生のブログ記事でハッと我に返った私は、それまで育児ゾンビとして屍としての存在から生きる事に目覚めたのです。


そして長南先生と池川先生からの学びにより、私と娘との関係は少しずつ改善していきました。


…とはいえ娘は常に自己主張を繰り返すという師弟関係ならぬ従属関係になんら変化はなかったのですが(笑)



そんな一進一退の親子関係を送っていたのですが、胎内記憶を世界へと発信する事は着々と進みAPPPAH(出生前・周産期心理学協会)でソーシャルメディアを担当されているバーバラ・リヴェラさんのご紹介で、映画「かみさまとのやくそく」についての投稿を2018年1月16日にFaceBookで書いて下さったのです。


もう本当に奇蹟の連続としか言えない様な事が次々と起こり、胎内記憶を研究されている池川先生、テキサス州在住のカルマンご夫妻、そして大門正幸先生に巡り逢い、映画「かみさまとのやくそく」の荻久保監督と加藤あいさんとの繋がりでこの映画をアメリカの出生前・周産期心理学協会にご紹介できる運びとなりました。


私は短い期間に素晴らしい方々に次々と出逢い、これからの時代に必要なメッセージ「胎内記憶」を世界中にお伝えしていきたいと思っています。


ここまで応援して下さった皆様ありがとうございます。そしてこれからはより一層、心に磨きをかけて世界と繋がっていきたいと思います。


My inspiration and eagerness to translate Dr. Ikegawa's work brought me so many encounters of great people who has been trying to make a world a better place.


There's no way I could done this without a support from great researchers Dr. Akira Ikegawa, Dr. Neil and Elizabeth Carman, and Prof. Masayuki Ohkado. Now that I am connected with a director of the film The Promise: Prenatal Memory of Children, Mr. Norio Ogikubo and their supporting member Ms. Ai Kato in such a short period of time.


It's so great to be a part of your effort and I would like to express my deepest appreciation for everyone who has been supporting me through this process of spreading "Prenatal Memory". And I am going to always check and see if I am acting from the base of unconditional love to connect with people around the world.


I would like to include special thank you to Barbara Rivera and Dr. Neil and Elizabeth Carman.


APPPAH (The Association for Prenatal and Perinatal Psychology And Health)


25 views0 comments
bottom of page