• Yuko Igarashi (五十嵐夕子)

災害時の悲報を狙った振り込め詐欺!①

2018年は天変地異が相次いで発生し、日本全国で地震や台風、西日本豪雨による被害が相次ぎました。これらの災害で亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心よりお見舞い申し上げます。 私は台風21号が発生した頃から普段とは違う何かスッキリしない感覚に見舞われ、最終的に9月5日の夕方から全身の痛みにうなされるように眠れぬ夜を過ごした翌朝、北海道地震が発生しました。 2018年(平成30年)9月6日3時8分 北海道胆振(いぶり)東部地震発生 私の家にはテレビもラジオも置いていません。 その為、入ってくるニュースらしいニュースはFacebookのフィードで流れてくる情報のみ。 被害状況も分からぬまま、私は大きな浄化のエネルギーのうねりを感じていました。 その日は起きた時から身体中の痛みがひどく、 出来れば寝込んでいたいってそんな気分。 それなのに それなのに! 風邪を引いているというのに、 まるで導かれるように歩いていました。 何故!? ですよね、ホントに。 だるいのに… で、着いた先がこちら。 じゃ~ん✨

坂東第七番 北金目山光明寺(金目観音) 歩いて20分程の場所にあります。 たまたま私が参拝をしていた時に出逢ったご近所の方が 手水舎の水は湧き水だという事と 「この水で浄化していきなさい」という言葉を残されて去っていきました。 おじさんは、天からのメッセンジャー✨ 午後には意識が朦朧としてきて発熱し、とうとう起き上がれないほどの辛さに… 結局夕方から7日は一日ベッドで過ごすことに… エネルギーのうねりを感じながら、 肉体があるという幸せと辛さを体感しながら、 浅い眠りを繰り返す中で 夢の中でお盆に訪れた土津神社の奥之院に引き寄せられて とっても不思議な霊的体験をしました。

土津神社 奥之院 保科正之公のお墓

この日に朦朧とした意識の中に居ながらも、 9月22日に神津島のまざーずあーす・咲弥ちゃんに会いに行くことを決めました。(笑) その翌日の9月8日 久し振りに両親と妹と娘と一緒に出掛けるつもりでいました。 とは言っても熱もある状態だったので、

娘を預けて私はゆっくりしようと決めました。 でも朝起きてから何故か「行け」という指示が入ります。 はい、私の思考の中に入ってくる心の声です。 この一方的な指示の様なメッセージは良くあって、 これに従わないと痛い目に遭います。 そんな訳で今回も辛い身体に鞭打ちながら実家に向かいました。 そして到着した直後に私が「行け」と言われた理由が分かりました。 それは、札幌に住んでいた叔父が震災の二次災害で亡くなったとの悲報が入ったからです。 災害時の悲報を狙った振り込め詐欺!②に続く…

Copyright © 2020. ClearMind. All rights reserved.