• Yuko Igarashi (五十嵐夕子)

人は生まれ変われる: 前世と胎内記憶から学ぶ生きる意味

私が生まれる直前に生きていた記憶について

ご存知のお友達も多くなりつつある今日この頃ですが、

私自身が記憶を持っているだけという状態では、 やはり確信が持てませんでした。


飯田史彦先生の「生きがいの創造」を読んで、

私の脳裏にある情景が過去生なんだと納得できましたが

それだけでは同じ「魂」を持って今生を生きている意味も

深い意味では納得は出来ていませんでした…


2017年に長南華香先生との出会いで広がった

「胎内記憶」という新しい世界。

池川先生と長南先生とご一緒させて頂き、 胎内記憶で有名なお二人との出逢い

その時に「胎内記憶を英語で伝えたい!」

という私の野望をお話させて頂きました。


そんな未知なる世界への私の希望を

快く聞いて下さったお二人💕


そこから私のミッションは始まりました。


そしてこちらの

人は生まれ変われる

(2015年12月 ポプラ社) を読み終えて、 新たな希望が生まれました!


この一冊は、

池川先生が「胎内記憶」を

大門先生が「生まれ変わり」の研究を それぞれ始められる きっかけについて、

そして お二人の歩まれてこられた 経緯について

とても詳しく書かれており、

お二人の魂の振動が伝わってきます。


そしてこれらの現象が実在するか?

ということに注目するよりも

私達が生きていくうえで

これらの現象が

「人生の目標を持つきっかけ」になり得る可能性と

魂としての存在を認めて生きていくことは

私達の生きがいを向上する際に

大変有効であると私は感じています。


そして… 私の娘は 生まれて間もない頃からず~っと「水」怖がり、 お風呂に入れる時も いつも硬直したかのように手足を広げ、 全くリラックスしてくれなかったのですが、

そして… 胎内記憶を話すようになり


「車に乗っていて、大きな波がきて死んじゃった」 と言いだしたのです。 彼女は2歳頃から海を極端に嫌い、 浜辺でなくても 海辺に近い道路を走るだけでも怖がります。

「車に乗っていて、大きな波がきて死んじゃった」 と言いだしたのです。 そんな娘の言動や行動を見て、

やっぱり魂というのは 継続され 生き続けている

としか考えられないのです。


この本を読み終えて 色々な考察があるのですが

今日は本のご紹介ということで!


ただ単に忘れているだけかもしれない 「過去生」で起こったこと。

苦しみや悲しみを超えたところにある

魂の学びに気付くことが出来たら✨

きっと「今」が過ごしやすくなると思います💕


池川先生、大門先生、長南先生、

出逢って下さりありがとうございます✨

Copyright © 2020. ClearMind. All rights reserved.